歯医者の型取りが苦手(嘔吐反射)な方に光学スキャナー型取り|西川口駅すぐの歯医者|あい歯科医院|埼玉県川口市

削らない低侵襲治療

抜かない保存治療

歯科微痛治療

マイクロスコープ精密治療

お問い合わせ・ご相談

保険診療も《各種スマホ決済》に対応

048-255-2000

埼玉県川口市並木1丁目23-24西川口駅すぐ

新型コロナウイルス対策について

歯医者の型取りが苦手(嘔吐反射)な方に光学スキャナー型取り

投稿日:2020年8月8日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは、西川口並木のあい歯科医院の事務局です

今年の梅雨は本当に長ったですね。梅雨らしいと言えばその通りなのですが、最近は空梅雨の印象が強かったせいか、こんなに不快なものかと再確認しました。特にコロナ渦、マスクで蒸れると息苦しくなってきますが、これは暫く続くのでしょうか。

あい歯科医院は、2020年は新型コロナウイルスの感染防止し、「安全安心の歯科診療」を実践していますが、更にこれを推し進めるために、新しい機器を導入したのが「光学スキャナー」です。

サンプルイメージ

サンプルイメージ

皆さんの中で、歯の型取りが苦手という方も少ないないと思いますが、そういう方には朗報です。ついに「印象」という型取りの粘土のような印象材をお口の中に入れて「おえっ」とすることがなくなります。

それが、最新の光学スキャナー(ヨシダのコエックス500)という装置です。

オエッとする嘔吐反射や治療時間、患者さん負担を軽減し、かつ精度の高いぴったりとはまる被せ物や詰め物となり、再治療のリスクも減らしてくれることで「安全、安心」の治療につながっていきます。

お口の中にスキャナーをゆっくりとかざすだけで、3D画像で正確にデータを採取し、型取りが終了してしまいます。

その精度は、ここ数年劇的に進化し、ベテランの歯科医師がシリコン印象という自費診療専用の印象材で採得するよりも正確なのです。

体験した患者さんも「えっ、もう終わったんですか」と皆さん拍子抜けするほど。パソコンの画面に映し出されたお口の中の3D画像に、ついつい見入ってしまうほどです。

あい歯科医院では、この光学スキャナーを、被せ物などの型取りインプラントのガイド製作、噛み合わせのチェックなどに使用しています。

まだ、日本ではそれほど普及していない装置ですが、数年後にきっとスタンダードになっていくのではないかと思います。

川口市西川口周辺で、歯科治療の印象(型取り)が苦手、歯医者に明日が遠のいていた・・という方は、一度ご相談ください。

トップへ戻る