痛くない親知らずの抜歯|西川口駅すぐの歯医者|あい歯科医院|埼玉県川口市

削らない低侵襲治療

抜かない保存治療

歯科無痛治療

予防歯科

お問い合わせ・ご相談

保険診療も《各種スマホ決済》に対応

048-255-2000

埼玉県川口市並木1丁目23-24西川口駅すぐ

痛くない親知らずの抜歯

親知らずは抜かなくても大丈夫!?

痛くない親知らずの抜歯

親知らずは不要な歯だから、虫歯になる前に抜いてしまった方がよいと思っていらっしゃる方も多いことと思います。確かに親知らずは生えてくる過程で腫れや痛みを伴うこともありますが、全て抜かなければいけないわけではありません。当院では親知らずはできるだけ残すべきと考えております。不要に思える歯だとしても自身の大切な歯であることには変わりありません。当院では親知らずについてのご相談も遠慮なくお寄せ下さい。

なぜ親知らずを残す?(親知らずを移植する)

将来的な移植の可能性

あい歯科医院では親知らずを残しておくことによって、治療時に有効利用できると考えております。虫歯や歯周病などで歯を抜かなければならなくなってしまった際、通常であれば人工物で補うこととなりますが、親知らずが残っていた場合はこの親知らずを有効利用し、抜歯した部分に移植することができます。親知らずは自身の歯になりますので人工物よりも適した素材であることは間違いありません。具体的な例としては、親知らずの隣の歯を抜歯するのであれば外科的手術を行うことなく隣に矯正にて移動させることで噛み合わせを蘇らせることができます。また他の箇所の歯であっても親知らずを土台としてブリッジを形成することができるようにもなります。親知らずの移植を行えばインプラントや入れ歯という選択をせずに、自身の歯をそのまま使用することができますので、残しておくメリットと当院では考えております。

親知らずの移植についての条件は?

親知らずの移植には条件があり、どのような場合でも移植ができるわけではありません。親知らずの根の形やサイズなどが移植先の箇所に適合するのかを考慮する必要があります。場合によっては移植を見送り、別の方法で治療を行っていくことも検討しなければなりません。

親知らずを抜くことをおすすめする場合とは?

親知らずは抜くべき

親知らずの露出がわずかで、さらなる成長・露出が見込めない場合

歯茎からわずかしか露出していない親知らずは、今後の成長があまり見込めないと判断できる場合が多く、歯ブラシが届きにくい状態ともなるため、そのままにしておくと虫歯や歯周病となってしまうことも考えられます。このような親知らずは斜めに生えていることが多く、歯茎の横から顔を出してきます。

歯並びに影響を及ぼしている場合(隣の歯を押したり痛みを感じる等)

親知らずが隣の歯を押していて歯並びに悪い影響を与えてしまっている場合には、痛みがなかったとしても抜くことを検討しなければなりません。また、生えてくる角度が悪く強い痛みを感じている際にも同様になります。

歯の周りに嚢胞ができてしまっている場合

嚢胞とは膿がたまって固まっている部分になりますが、レントゲン写真にてこのような影が確認できることがあります。そのままにしておくわけにはいきませんので、親知らずを抜くと共に嚢胞の除去をおすすめします。

噛み合わせの悪化により周囲を傷つけてしまっている場合

噛み合わせの良くない親知らずが成長してしまうと、歯茎や頬を傷つけてしまうこともあるため、このような場合は抜歯をおすすめします。また顎の関節に悪影響を与えるおそれもありますので、成長過程にある親知らずにも注意が必要です。

親知らずの虫歯が進行してしまっている場合

親知らずに虫歯があり、症状が重い場合には抜くこともおすすめしています。親知らずは根幹治療を行って正常な歯とするためのスペースが確保できないことが多くあるためです。

抜歯の痛みとその後の痛みは?

親知らずの抜歯の痛み

親知らずを抜くのはとても痛い印象をお持ちの方も少なくないと思います。抜歯時には麻酔を行うため痛みは感じませんが、麻酔が切れた後には痛みを感じます。当院では抜歯後の痛みについても軽減できる治療を行っておりますので、耐えがたい痛みとなる可能性は低く思います。また麻酔を行う際には注射の前に表面に塗る麻酔を行って注射の痛みも和らげるよう工夫しています。

抜歯の痛みは治療時間に関係する?

時間と痛みの関係性抜歯の痛みは治療時間により大きくなります。そのため他の歯に比べて抜歯に時間のかかる親知らずは、麻酔が切れた際に強い痛みが出てしまうことも多くあるのです。当院では経験豊富な医師が精密機器を使用して事前にシミュレーションをした上で治療に臨み、可能な限り抜歯にかける時間を短くスムーズになるよう工夫しています。また抜歯後の痛みについても対策をしていますので、ご安心下さい。

ドライソケットは強い痛みを感じる?

ドライソケット抜歯後の歯茎には血がたまり、カサブタのようになります。このようになることにより骨が露出してしまうのを防いでくれます。このカサブタが剥がれてしまって痛みを感じるのをドライソケットと言います。ドライソケットはとても強い痛みを感じるため、このようにならないためにも抜歯後の対策は徹底しておくことが大切です。当院では注意事項をまとめ、わかりやすく案内すると共にご希望の患者様へはドライソケットを防止する治療も行っております。

親知らずを抜いて小顔効果?

小顔効果

一時期親知らずを抜くと小顔になれるとの情報が出回り、その効果を期待して女性を中心に親知らずについて歯科医院へ相談するといったケースが多くなりました。確かに親知らずを抜くとその部分の骨が吸収され、エラが若干薄くなり多少小さくなる可能性はあると思います。ですが見た目にわかるほどの変化はないと考えられますので、このような効果を期待しての親知らずの抜歯は避けた方が良いと思います。

川口市で親知らずについてのお悩みをお持ちの方へ

親知らずの診断や抜歯

あい歯科医院では親知らずについて様々な視点で治療方法をご案内しておりますので、川口市で親知らずにお悩みをお待ちの方はぜひ当院へご相談頂ければと思っております。抜歯が適切か、あるいは残すべきなのか、わかりやすくご提案をさせて頂きますので、どうぞお気軽にご相談下さい。

トップへ戻る