虫歯治療・根管治療|西川口駅すぐの歯医者|あい歯科医院|埼玉県川口市

削らない低侵襲治療

抜かない保存治療

歯科無痛治療

予防歯科

お問い合わせ・ご相談

保険診療も《各種スマホ決済》に対応

048-255-2000

埼玉県川口市並木1丁目23-24西川口駅すぐ

虫歯治療・根管治療

このページの目次

低侵襲虫歯治療で痛みを軽減、削る・抜くも最小限に

低侵襲虫歯治療

歯科医院への通院をためらう理由は痛みが多くを占めていると考えられます。ですが現在の歯科治療では痛みを軽減する形を取っており、強い痛みが伴う治療は少なくなっております。当院では治療の際の痛みを可能な限り軽減できる低侵襲治療を行っております。痛みを少なくし極力削らない・抜かない治療を行っております。こちらの治療が可能となる理由をご紹介させて頂きます。

【あい歯科医院式】無痛虫歯治療8つの理由とは

無痛治療

あい歯科医院では、痛みの軽減を実現するため8つの方法で対応しています。全ての痛みをなくすのは難しいことですが、可能な限り痛みのない治療をさせて頂きます。当院は川口市随一の設備と技術を誇っていると自負しておりますので、ぜひご利用頂ければと思います。

① 塗るだけの表面麻酔

表面麻酔

注射に痛みが伴うのは当然ですが、注射をする前に表面に塗るタイプのお薬を使えば、注射の時の痛みも少なくなります。当院では注射の前には必ずこの表面麻酔を行って対応しています。

② できるだけ細い注射針を使用

極細の注射針

注射針は細いほど痛みが少なくなります。当院で使用している注射針は歯科医院で使用される麻酔針の中でも最も細いと言われる33ゲージとなっていますので、表面麻酔と合わせてほとんど痛みを感じることがありません。

③ 極小ドリルを使用

極小ドリル

歯を削る際のドリルは患部に合わせて太さを変えていきます。最後まで太いドリルを使用してしまうと正常な部分まで削ってしまうこととなりますが、当院では極小のドリルにより少しずつ虫歯部分を削り、正常な部分を削らない治療を行っています。

④ 笑気吸引麻酔を使用

笑気吸引麻酔

気持ちの面で歯科医院の利用をためらっている方には、この笑気ガス麻酔がおすすめです。こちらは酸素吸入を行うような形でガスを吸飲するもので、吸飲するとアルコールを飲んだ時のような気分となり、恐怖感が薄らぎます。この状態で治療を受ければ不安な気持ちを軽減することができますので、歯科医院に抵抗を持っている方に特におすすめとなっています。

⑤ 静脈内鎮静(点滴)

静脈内鎮静

点滴として静脈へ麻酔薬を入れていきます。すぐに眠気がやってきて眠っている間に治療を行うことができます。点滴を行う際の痛みはありますが、この程度の痛みならとお考えの方であればこちらがおすすめです。注意点としてお帰りにお車の運転は控えて頂きたく思いますので、タクシーやお迎えにてご期待頂ければと思います。

⑥ 視野を拡大して低侵襲治療を行う

拡大鏡

虫歯の箇所によっては十分な視野を保てないところもあるため、拡大鏡を使用しての治療が必要なことも多くあります。低侵襲治療においてはこの拡大鏡による視野の拡大は重要なものとなっており、拡大することにより虫歯部分だけを削って行くことが可能となります。この治療は無痛治療にもつながるため、当院では重視しています。

⑦ 麻酔針の刺し方による痛みの緩和

麻酔針の刺し方

麻酔針の打ち方によって痛みが伴うこともあります。痛みは歯茎に対して圧力がかかることで生じるため、針の指し方の工夫をすることにより和らげることができます。粘膜に当てるように刺していくと痛みを軽減することができます。

⑧ 予防歯科と無痛治療の関係

予防歯科

無痛治療を行っていても完全に痛みをなくすのは大変難しいものになります。ですが、予防を第一に考えれば治療を行う必要もなくなりますので、予防歯科も大変重要です。当院では治療だけでなく予防歯科にも力を入れており、定期的な検診やクリーニングなどもおすすめしています。

【あい歯科医院式】8つの処置方法で歯を削ることを少なく

削る範囲を抑える

あい歯科医院の治療では、可能な限り歯を削ることなく対応しています。削って人工物で補修を行うのではなく、自身の歯を残していく保存治療に積極的に取り組んでいます。その方法をご紹介致しします。

① 3Mix-MP法®

3Mix-MP法

この方法は抗生物質や抗菌剤などを混ぜたお薬を塗布、または詰めることにより虫歯菌の活動を抑制していくものになります。こちらは虫歯に対してだけの治療ではなく、お口の中の様々な症状へも対応させることができます。軽度の虫歯であればこちらの方法で削るのを最小限にとどめ、自身の歯を守ることができます。

② ダイアグノデントを用いた早期発見

ダイアグノデント

目視では確認できない部分に虫歯ができてしまうことも珍しくありません。このような場合に活躍するのがレーザーを使用して虫歯を見つけるダイアグノデントになります。通常の検診だけでは内部の虫歯を見つけることは困難なものですが、当院ではこちらの機器により虫歯の早期発見を行い、適切な治療を施します。

③ 必要に応じて拡大鏡を使用

拡大鏡

全ての虫歯を肉眼だけで判断するのは大変難しく、判断の難しい部分の治療では正常な部分まで削ってしまう可能性も考えられます。当院ではこのような部分に対して拡大鏡にて対応しており、こちらによって細かな部分までの治療がし易くなりました。正常な部分を削ることなく削るのは最小限にとどめることができるだけでなく、さらに虫歯の早期発見にも役立ています。

④ ダイレクトボンディングの詰め物

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングという治療は、症状のある部分のみを削って人工物を詰める審美歯科の一つになります。歯に詰める人工物は一般的な治療ではインレーというものになりますが、ダイレクトボンディングはインレーと比較して削る量が少なく済むため、より優れた治療となっています。当院での削る治療ではこちらの治療を第一に考えています。

⑤ エキスカでの丁寧な虫歯除去

エキスカ

歯を削るための機器であるタービンのみで治療をすると、正常な部分まで削ってしまうこともあるため、エキスカという耳かきのような形状の機器を使用して仕上げを行います。これにより正常な部分を削ることなく虫歯を除去していくことができます。

⑥ 超極細のバーの使用

超極細のバー

歯を削る際のドリルは太ければその分大きく削ることができ、患部に合わせて太さを選択して治療を行っていきます。当院では可能な限り細いドリルを使用するようにしており、必要以上に削ってしまうリスクを防いでいます。

⑦ う蝕検知液の使用

ウ蝕検知液

虫歯の部分のみを赤く染めるウ蝕検知液(虫歯検知液)を虫歯につけることにより、正常な部分との区別を明確にすることができます。こまめに使用することによって複雑に進行した際の虫歯でも適切に対応することができます。

⑧ 予防歯科を啓蒙

予防歯科

正常な歯であれば虫歯治療は必要ありませんし、もちろん削らなくても良いわけです。虫歯となってしまう原因を考え、的確なアドバイスができるよう、定期検診やメンテナンスをおすすめします。何よりも虫歯を予防することが保存治療では重要なのです。

【あい歯科医院式】歯を抜かない8つの治療方法とは

抜歯を回避

痛んだ歯の治療では抜いてしまって人工物で補修をするのは難しいことではありませんが、どのように精巧に作られた人工歯でも天然歯に勝るものはありません。そのため当院では抜かない治療、抜いても自身の歯で再生をさせる治療方法を提案しています。

① 歯周病を薬で治療する歯周内科

歯周内科

歯周病は歯を抜かなければならなくなることも多く考えられていますが、完治治療を施していくことで抜かずにすむ可能性も十分にあります。この歯周病治療に対して当院では力を入れており、歯周内科治療にてお薬で対応しています。最新治療の提供にも努めていますので、ぜひご相談下さい。

② 歯周再生療法にも対応

歯周再生療法

歯周再生を促す素材「エムドゲイン」を使った治療では、ブラークや歯石を除去した後に患部へ塗布し歯周組織の再生を促していきます。このエムドゲインは歯周病によって壊されてしまった組織やその周辺細胞を増加させる作用の他、血管を再生しより多くの栄養素を送り込む作用も期待できます。

③ 拡大鏡による精密根管治療

拡大鏡

症状の重い虫歯では神経や血管組織まで虫歯菌が侵入していることも多く、歯の根幹部分への治療が必要となります。この治療では内部の滅菌が必要不可欠なものとなり、完全な滅菌により虫歯の再発を予防することができます。ですが内部はとても狭い空間のため、肉眼のみの治療は簡単ではありません。当院では数倍に拡大できる機器を使用し、広い視野を確保してこの根幹内の治療を行っています。歯を抜かない治療には根幹治療は欠かすことができません。

④ 3DS治療による歯周病や虫歯予防

3DS治療

予防歯科では歯周病に対して3DSという治療も行う場合があります。こちらはDental Drug Delivery Systemの略称で、口腔内のクリーニング後に原因菌を滅菌するお薬が入った専用のマウスピースを使用し、歯周病の原因の一つである歯垢が歯に付いてしまうことを防いでいく治療になります。

⑤ 歯根端切除術・再植も実施

歯根端切除術

歯の根部分が破損してしまったり、この部分に膿がたまっったりといった場合には、抜歯をして人工物で補う治療を促す歯科医院も少なくありません。ですが当院では抜歯をした場合であっても専用の接着剤を使用して歯を再生させる「歯の再植術」や「歯根端切除術」などを行っており、歯の根への治療に対しても大変高い技術で対応し抜歯を防ぐようにしています。

⑥ 自分の歯の移植(自家歯牙移植)

自家歯牙移植

あい歯科医院では、抜歯をした場合であっても人工物の装着を考える前に、自身の歯の移植を提案しています。あまり使うことのない親知らずなどから移植することができれば、自身の歯によって補うことができますので、違和感の少ない形で抜歯部分を再生させることが可能となります。

⑦ エクストルージョンと外科的挺出

エクストルージョン

通常歯が歯肉の上に残らない状態では、抜歯を提案されることがほとんどです。その理由はこの状態で人工物で歯を形成する際の下地部分であるコアを装着すると、一度装着することができても脱落してしまうリスクが高くなるためです。そのためインプランドやブリッジでの治療を提案されることが多くなります。ですが当院ではエクストルージョンと外科的挺出によって、このような状態であっても歯を歯肉の上に引き上げる治療を行い対応しています。引き上げることにより安定的な装着感を実現でき、歯を抜かない治療が可能となります。

⑧ 根本的な治療

根本的な治療

患者様の今後を重視し、当院では根本治療を提案しています。痛みのある部分だけに治療を行うのではなく、口の中全体の健康を重視することにより、自身の歯を維持を考えます。このような根本治療を行うことにより歯を失うリスクは軽減できます。歯科治療の先進的存在であるヨーロッパにおいてはこのような治療が浸透しているため、多くの方が20本の歯を80歳になっても維持しています。

「根管治療(神経治療)」なら歯を抜くことも最小限に

根管治療歯の根幹部分には神経や血管などが入っています。虫歯によってこの部分が侵されてしまうと抜歯を検討するのが一般的な治療です。ですが今回治療を行えば、内部を洗浄・滅菌し、被せものをして自身の歯を残したまま治療を行っていくことが可能になります。治療に時間がかかることもありますが、抜歯をする必要はありません。

根管治療の治療方法

進行した虫歯に行なう

虫歯菌の侵食度

根幹治療は今回内部まで進行した虫歯に対して行うものになりますので、軽度の虫歯に対しては行う必要ありません。

根管を清掃する

根管の清掃

根幹内は狭く曲がった作りになっており肉眼での確認は難しいため、リーマーという特殊な道具で清掃をしていきます。

根管内を滅菌する

根管内の殺菌

滅菌では専用の洗浄液を使用して原因菌を完全に除去していきます。

セメントを注入する

セメントの注入

これまでの処置が終わったら殺菌効果のある専用のセメントを内部へ入れ、根幹部分を塞いでいきます。

根管を塞ぐ

根管の封鎖

専用のセメントが固まることで根幹を塞ぐことができ、再度虫歯になるリスクを軽減することができます。

被せものをする

被せ物の装着

根幹上部に人工物により歯を形成し、噛み合わせを確認しながら歯の復元を行っていきます。

根管内部を完全滅菌することが重要に

根管治療の精度根幹内は狭いため肉眼で確認するのは大変困難です。特に奥歯は視野がさらに狭くなるため、完全な滅菌を簡単に行うことはできません。このような状況に対して当院では、より精度の高い治療を行うため、拡大鏡を使用し精密根幹治療にて対応しています。この方法により清掃・洗浄を徹底的に行えるようになり、見落としをしてしまう可能性を限りなく低くすることができます。さらにラバーダムの使用により唾液を含む異物の侵入も防げるようになり、再発のリスクを大幅に抑えることが実現できています。

川口市の歯科医院での虫歯治療はあい歯科医院へ

痛くない虫歯治療

あい歯科医院では、痛みを極力抑えた虫歯治療を行っております。また既存の歯をできるだけ削らない、抜かない治療を重視して治療に臨んでいます。川口市で痛みが少なく、削ることも少ない、そして歯を抜くことのない歯科医院をご希望の際には、ぜひ西川口駅近くのあい歯科医院までお気軽にご相談下さい。

トップへ戻る