インプラント|西川口駅すぐの歯医者|埼玉県川口市

削らない低侵襲治療

抜かない保存治療

歯科微痛治療

笑気麻酔

お問い合わせ・ご相談

保険診療も《各種スマホ決済》に対応

048-255-2000

埼玉県川口市並木1丁目23-24西川口駅すぐ

診療時間変更のお知らせ(2022年10月1日より)

新型コロナウイルス対策について

インプラント

【あい歯科医院式】適切なインプラント治療を行うためのポイント6点

インプラント

インプラント治療は外科治療となりますので、執刀医は経験豊富で高い技術を持った者が担当すべきと考えております。あい歯科医院では準備・環境を整え、適切な治療を行っており、患者様のご不安も解消できるよう、様々な工夫に取り組んでおります。川口市だけでなく近隣地域からも患者様が訪れ、ご好評頂いている6つの理由をご紹介させて頂きます。

① CTの利用で正確な診断

CTの利用

目視やレントゲン画像だけではお口の状況を正確に判断することは難しく思います。そのため、当院では治療前にCTスキャンを行わせて頂いております。この撮影により神経や骨、血管などを正確に判断し、より適切な治療を行うことができます。インプラント治療では治療前の準備はとても大切です。高い成功率を誇るのもこのような正確な診断を行っているからこそと考えております。インプラント治療を行う際にはCTスキャンがおすすめです。

② インプラント治療のデメリットや他の選択肢についても丁寧に説明する

丁寧に説明

多くのメリットのあるインプラント治療ですが、外科手術となるため、出血を伴い、神経や血管を傷つける等のリスクなどがございます。また治療後のメンテナンス不足によって起こるお口のトラブル(人工歯の破損・インプラント周囲炎など)もございますので、当院ではインプラント治療のデメリットや他の治療の選択肢についても丁寧に説明をさせて頂きます。ご理解を頂いた上で治療を行わせて頂きますので、どうぞご安心下さい。

インプラント治療におけるセカンドオピニオンも行っています

不安がつきもののインプラント治療では、ご希望の方を対象にセカンドオピニオンもご案内致しております。他医院からのセカンドオピニオンにつきましても対応させて頂きますので、お気軽にご相談下さい。インプラント治療だけでなく歯科医院での治療は患者様のご理解も大切です。ご理解頂けないままの治療は当院では行っておりません。小さな点につきましてもわかりやすくご説明させて頂きます。

③ 治療に適した環境作り

インプラント治療の環境整備

安心してインプラント治療を受けて頂くため、あい歯科医院では適切な環境・設備を整えております。

院内感染の防止・対策

個室のオペ室

治療を行う部屋や手術で使用する器具は徹底した滅菌を行っており、インプラント治療における院内感染の防止に努めています。

光学スキャナーで3D画像データの採取

3D画像データを用いたガイドの製作

精密な3D画像データを採取できる光学スキャナーを用いて、オペで使用するサージカルガイドやインプラントに装着する人工歯の型取り、咬み合わせのチェックを行います。光を当てるだけでデータが取れますので、嘔吐反射が強い方も心配ありません。

光学スキャナーの詳細はこちら>>

サージカルガイドで精度を向上

オペ精度向上

サージカルガイドは治療前のシミュレーションになります。こちらを使用することにより精度の向上を計っております。

治療前の精密な診査・診断

事前シミュレーション

より高い精度の治療を行うためには治療前にお口の状態を正確に知る必要があります。当院では事前に精密な診断を心がけております。

④ 骨造成法に対応し骨量不足でも治療可能に

インプラント治療では顎の骨の厚みが必要になります。骨量が不足している場合にはインプラント治療ができない場合もありますが、当院では骨を厚くする成法により、骨量不足の方でも問題なく治療できる準備を整えて臨んでいます。他医院で骨量不足によりインプラント治療を断られてしまった方からのご相談も受け付けております。

ソケットリフト

ソケットリフト

ソケットリフトは上顎の骨が1~3mmの厚みの方に対して行う再生術になります。人工の骨を差し込み骨を厚くすることでインプラント治療を可能にします。

サイナスリフト

サイナスリフト

サイナスリフトは上顎の骨が3~7mmの厚みの方に対して行います。ソケットリフトと比較して厚みのある骨の面積を増やすことができます。

GBR法(骨再生誘導法)

GBR法(骨再生誘導法)

こちらはインプラントを設置する予定の部分へ人工膜を入れ、これにより骨の再生を促す方法になります。再生期間には個人差がありますが、再生後に膜を除去しインプラントの設置を行っていきます。

⑤ 麻酔で眠っている間に治療を行う(静脈内鎮静法対応)

静脈内鎮静法対応

インプラント治療では痛みが心配の方も大変多いことと思います。このような方へおすすめする方法と致しましては静脈内鎮静法が適しているかと思います。こちらは点滴にて麻酔を注入し、眠っている間にインプラント治療を行うというもので、治療後すぐに眠りから覚めてお帰り頂くことができます。点滴注射に恐怖感を持たない方であればご安心頂けるかと思います。治療後はお車の運転はご遠慮頂き、お迎えやタクシーなどをご帰宅頂きます。

⑥ 治療後のケアを徹底する

治療後

インプラント治療を行った後は、適切なメンテナンスを行うことにより快適な状態を長い間保ち続けることが可能となります。メンテナンスを行わないと、感染症や歯周病などのリスクが高くなりますので、ケアを行うことはとても重要なことになります。

アフターケア

インプラントの歯周病であるインプラント周囲園は進行がとても早く、自覚症状も少ないため発覚時にはとても深刻な状態となっていることも少なくありません。あい歯科医院ではこのような治療後のトラブルを防ぐため、アフターケアの徹底をご案内しています。また医院で行うクリーニングや清掃などについても対応しておりますので、ご相談下さい。

当院で実施したインプラント治療の症例をご紹介

あい歯科医院で実際に行ったインプラント治療の症例をご紹介いたします。

「ここならインプラントももう怖くないですね」(50代 女性)

こちらの方は、当院のホームページをご覧になり、相談にいらっしゃいました。

コンフォートデンチャー最初にご希望されていたのは、義歯(入れ歯)のコンフォートデンチャーでした。

コンフォートデンチャーは、歯ぐきに当たる面が弾力性のある人工シリコンで覆われており、入れ歯特有の痛みを和らげ、ピッタリとフィットすることで安定感も高く、当院では非常に多い症例です。

お口の中のむし歯や歯周病、噛み合わせ等の精密な検査を行うとともに、これまでの治療経過を詳しく伺い、今後の治療方針について相談しました。

治療部位、年齢、歯槽骨(歯を支える骨の部分)の状態などから第一選択として考えられるのがインプラントでしたので、改めてインプラント治療を提案しました。
しかし、ここに来院する前に他の歯科医院で異なる部位でインプラント治療を受けらており、その時の苦痛が忘れられなく、今回はコンフォート義歯を希望されていたという経緯でした。よくよく伺うと、以前のインプラント治療手術中及び術後の痛みが強かったそうです。

笑気吸引鎮静法当院で行うインプラントは、苦痛がないように細心の配慮をしております。局所麻酔はもちろんのこと、笑気吸引鎮静法、静脈内鎮静法対応などに対応しており、「自分は怖がりです」という方にも、終わった時には「歯を抜くよりも簡単に感じました」「あっという間でよく覚えていないくらいです」とおっしゃる方もおります。

また、安全性という意味で安心して頂けるのは、サージカルガイドにより、治療前のシミュレーションを行い、精度の向上を計っている点があります。

サンプルイメージ「サージカルガイド」とは、CTで採取した精度の高いデータをもとに、3Dプリンターで作製する手術時に用いるプラスティック製のプレートのようなものです。(サージカルテンプレートともいいます)

インプラントの埋入手術を行う時に、角度、深度、位置などを最初のシミュレーション通りに再現するのに大きく貢献してくれるものです。

あい歯科医院のインプラント治療、痛みの緩和への取り組みについてご理解頂き、ご本人から、もう一度インプラント治療を希望され、無事治療を終えられ喜んで頂けました。

現在は、別の部位でもインプラント治療を希望されています。当院の低侵襲(体への負荷が少ない)オペが可能ですので、もしインプラント治療を敬遠されている方がいらっしゃればお気軽に相談下さい。

治療前

治療前

治療前

治療後

治療後

治療後

治療後

年齢・性別 50代女性
治療期間 3ヵ月(6回)
治療費(税込) インプラント+ジルコニアセラミック 左下67 約670,000円
副作用とリスク ごく稀にインプラントが生体に定着しないことがあります

「ここのインプラントは1回であっという間に終わるんですね」(50代 女性)

こちらの方がいらした時は、左上3番目の被せ物の中の土台の部分が折れている状態で痛みと不具合を感じて来院されました。

このように「歯の根っこが割れる歯根破折」の症状で歯を失うことは少なくありません。原因は様々ですが、1回の強い衝撃で割れるというよりも、歯の根っこにできた小さいひび割れが日常生活の中で継続的に強い力がかかり、徐々に広がっていき割れてしまうというケースが多いです。

むし歯が大きな場合は、内部の削る量も多くなり割れやすくなってしまいます。こちらの方は昔からむし歯が多い体質でもあり、治療を繰り返していたことも影響があるようです。

治療計画やむなく抜歯となった部分の治療法としては、ブリッジ、インプラント、部分義歯(入れ歯)の選択肢の中からインプラント治療が第一選択となりました。(※画像はイメージです。

年齢的も若く、見た目も大事な部位であり、ご本人の希望もありインプラントとなりました。ブリッジ治療も可能でしたが、両隣の歯を削らなければいけなく、長期的にもたせられない点を考慮しました。

義歯(小さい部分入れ歯)については審美的な点、機能面からインプラントに分があることで採用しませんでした。

今回のインプラントは、抜歯がありましたので抜歯即時埋入法を採用しました。これにより手術が1回で済み、時間の短縮と身体への負荷を軽減できるメリットがあります。
抜歯即時埋入とは、歯を抜くと同時にインプラント埋入手術を行う方法です。一般的なインプラント治療では、抜歯後3ヵ月から6ヵ月程度期間を空けて、抜歯後の傷口が癒えてきてから、改めてインプラントの埋入手術を行います。

抜歯した穴をそのまま利用できるのでダメージが少ないことも利用し、そこに人工骨で埋める、GBR法も併用しています。GBRとはGuided Bone Regeneration:骨再生誘導法と言われるもので、骨量不足の部分に人工的に骨造成を行うものです。

また、手術の精度を高めるために緻密なシミュレーションを専門機関に依頼し、サージカルガイドを製作し頂いているので、安心してインプラント治療が受けられます。

ご本人から、「手術もあっという間で安心して受けられ、途中で居眠りをしてしまいました」とおっしゃって頂きました。

サージカルガイド

①破折歯を抜歯後、サージカルガイドを装着。

抜歯即時埋入

②抜歯即時埋入の実施。

インプラント埋入後

③インプラント埋入完了。

上部構造の装着

④上部構造(人工歯)を装着して治療完了。

年齢・性別 50代女性
治療期間 1ヵ月(3回)
治療費(税込) インプラント+ジルコニアセラミック 左3 440,000円
副作用とリスク ごく稀にインプラントが生体に定着しないことがあります

インプラント治療/料金一覧

※下記すべて税込となります。また治療期間、回数はあくまで目安で症状により変動します。

(目安治療期間:3~12ヶ月 治療回数:3~6回)

名称 イメージ 特性 料金(税込)
インプラント インプラント インプラント体が純チタンで作られており、金属アレルギーのリスクがより低くなります。 インプラント本体
165,000~220,000円

アバットメント
0~220,000円

上部構造
55,000~110,000円

川口市でインプラント治療をご希望の方はお気軽に無料相談へ

インプラント治療

あい歯科医院ではインプラント治療についての無料相談を実施しております。川口市でインプラント治療をご希望の方は、ぜひご利用頂きますよう、お願い致します。その際、セカンドオピニオンについてもご説明をさせて頂きますので、こちらについてもお気軽にお申し付け頂ければと思います。成功率の高い当院でもインプラント治療は簡単なものではございません。患者様とのコミュニケーションもとても大切なものとなりますので、無料相談では小さなご不安でも解消できるよう、心がけて対応させて頂きます。また、治療の説明だけではなく治療後のケアについてもわかりやすくご案内致しますので、ぜひあい歯科医院にてご相談を頂きますよう、お願いします。

トップへ戻る