アメリカ発の「CAMBRA」定期管理予防の勉強会|西川口駅すぐの歯医者|あい歯科医院|埼玉県川口市

削らない低侵襲治療

抜かない保存治療

歯科微痛治療

マイクロスコープ精密治療

お問い合わせ・ご相談

保険診療も《各種スマホ決済》に対応

048-255-2000

埼玉県川口市並木1丁目23-24西川口駅すぐ

新型コロナウイルス対策について

アメリカ発の「CAMBRA」定期管理予防の勉強会

投稿日:2019年12月5日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは(^^)/
西川口のあい歯科医院の事務局です。

あっと言う間に今年もあと1カ月となりました。今年のクリスマスはどんな予定でしょうか?これだけ自然災害があった年ですから、どうか「穏やかな天候」が一番のプレゼントだと思ってしまいます。

さて、先日、院長とスタッフで外部の勉強会に行ってまいりました。
予防先進国のアメリカ発の「CAMBRA(キャンブラ)」という定期管理予防のシステムも学ぶものでした。日本ではやっと注目にされるようなって来ているくらいですが、アメリカでは歯科大学65校中、40校が採用している世界基準のむし歯管理方法です。

CAMBRAとは「Caries Management By Risk Assessment リスク評価に基づくう蝕(むし歯)管理 」の略で、予防歯科の先駆であるアメリカ、カリフォルニア大学サンフランシスコ校歯学部長フェザーストーン教授が提唱するむし歯の予防法です。


むし歯は「むし歯を誘発する病変因子」と「むし歯を遠ざける防御因子」の 2 つのバランスによって発生するというところに注目し、科学的なデータに基づき、過去のむし歯経験や唾液量等から個人のむし歯のなりやすさを判定し、それに応じて治療、予防をしていくというものです。

これまでも、むし歯のリスクを検査する方法は色々とありましたが、その人の生活環境によってむし歯の原因は違うために、菌の質や数では分からない複雑なものです。
その辺を、このキャンブラでは、生活習慣についてきちんとヒアリングさせ頂くことで4つのリスクに分類し、的確にオーダーメイドでプログラムが組めるようになっているようです。

当院でも、むし歯の予防については、歯科医師と専門職の歯科衛生士と共に、様々な取り組みをしております。とても大切な歯ブラシ指導や継続的な定期健診には力を入れており、おかげ様で来院される患者さんの半分は治療ではなく、「予防」で定期健診、クリーニングにお越しになっています。
それでも、日々進歩する医療の中で、少しでも皆さまのお口の健康にお役に立てるものはないかと貪欲に情報収集をしているところです。

このキャンブラも、是非取り組んでみたいと考えています。
歯ブラシなどのケアグッズは「CURAPROX(クラプロックス)」という製品が推奨されているのですが、これが優れものであることは勿論のこと、デザインがとても可愛いところにも惹かれてしまいます。

お口の健康に関心を持ってもらうことが大切ですので、「可愛い歯ブラシを使いたい」といったきっかけでも良いかと思います。

これからも、川口の皆様にとって身近な信頼される歯医者さんを目指して、勉強を重ねて参ります。よろしくお願い致します

 

 

トップへ戻る