医院のアートシリーズに村上裕二さんの作品が加わりました|西川口駅すぐの歯医者|埼玉県川口市

削らない低侵襲治療

抜かない保存治療

歯科微痛治療

笑気麻酔

お問い合わせ・ご相談

保険診療も《各種スマホ決済》に対応

048-255-2000

埼玉県川口市並木1丁目23-24西川口駅すぐ

新型コロナウイルス対策について

医院のアートシリーズに村上裕二さんの作品が加わりました

投稿日:2023年6月26日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは(^^♪

川口並木のあい歯科医院西川口の事務局です。

あい歯科の診療室に設置されているアート作品がお馴染みとなり、新作についてお知らせしたいと思います。街のかかりつけ歯科医院として、あい歯科医院西川口は、治療が終わったら終わりではないと考えています。

そこから始まる「予防」を通じて、患者さんとそのご家族までを含め一緒に健康管理を貢献したいと思っています。長いお付き合いになることから、来院が楽しみになるような環境作りに注力しています。その一環として、「ちょっと素敵な絵がある」と良いのでは考えている次第です。

村上裕二さんの作品今回ご紹介する新たな作品は、「村上裕二」氏のゴジラの絵です。その赤と金のインパクトある画風が待合室を彩っています。

村上裕二氏は、若くして日本美術院展日本美術院賞大観賞をはじめとする数々の賞を受賞し、現代アートの大家である村上隆氏の弟としても知られ、世界から愛され続けている日本画家です。

伝統的な日本画の主題である富士山や仏像を描きつつ、異国の風景や、天使やペガサスなどの空想の生き物、そして子供たちを描いた作品も生み出しています。その中でも特筆すべきは、ウルトラマンや仮面ライダー、そしてゴジラなど、子供たちのヒーローをモチーフにした特撮作品シリーズです。

これらの作品は、日本画に初めて触れる人や若者、小さな子供たちに興味を持ってもらえるよう描かれているそです。そして、その作品選択には、村上隆氏のアニメーションやサブカルチャーへの影響が見受けられるかもしれません。2022年には、ゴジラを描いた日本画の切手セットが郵便局のネットショップで限定販売され、話題になりました。

文藝春秋また、作品は総合月刊誌「文藝春秋」の表紙としてもよく見かけることでお馴染みの方も多いかと思います。

「文藝春秋」は、2022年に創刊100周年を迎え、記念号第一弾となる新年特別号(21年12月10日発売)から掲載されていますので、注目してみてください。

歯やお口の健康に直接関係するものではありませんが、ご来院が少しでも楽しみになることを願っています。

▼村上裕二氏と島田院長

村上裕二氏と島田院長

トップへ戻る