コンフォートデンチャーで咬み合わせを回復した症例|西川口駅すぐの歯医者|あい歯科医院|埼玉県川口市

削らない低侵襲治療

抜かない保存治療

歯科微痛治療

マイクロスコープ精密治療

お問い合わせ・ご相談

保険診療も《各種スマホ決済》に対応

048-255-2000

埼玉県川口市並木1丁目23-24西川口駅すぐ

新型コロナウイルス対策について

コンフォートデンチャーで咬み合わせを回復した症例

人工シリコンの入れ歯は噛み合わせも見た目も納得です (60代 女性)

こちらの方は、ホームページで検索され、当院のサイトに興味を持たれて来院されました。最初に左上のブリッジ治療をしていた歯が痛くなったことがきっかけでした。

ブリッジを支えている歯がむし歯や歯周病の悪化により、だめになってしまうケースは少なくありません。特に保険治療のブリッジの場合は素材等に制限がありますので、自費診療の精密さにはどうしても劣ることは否めません。もちろん長く維持されている方もいらっしゃいますが、そのためには日頃からの口腔内のお手入れや、定期的な検診や専門のクリーニングなどできめ細かい管理が必要になってきます。

また右下の奥歯がしみるということで検査をしてみると、奥歯の手前の歯にむし歯があり、ここは通常のむし歯治療として、二次う蝕が起こりにくい精密なセラミック治療(ジルコニアクラウン)の治療を行いました。
一番奥の歯で抜けたままの状態が長がった部分は、審美義歯の治療となりました。

コンフォートデンチャー上と下の部分義歯はいずれも、今回はコンフォートデンチャーを選択されました。

コンフォートデンチャーは、歯ぐきに当たる面が、人工シリコンの柔らかい素材で加工されているために、力を吸収してくれるだけではなく、ぴったりと歯ぐきに馴染みますので、痛みが少なくずれにくい特徴があります。

保険の義歯の針金(フック)と違い、隣接する歯全体で、入れ歯を支えることができるため、残存歯にも負担をかけにくいことも治療としては非常に大切なところです。また、保険の義歯はレジンという歯科用プラスティックでできているため、どうしても型取りの後に重合収縮という現象で変化が起こるために、お口に入れた時にずれが生じることがあります。素材がプラスティックですので噛み合わせが強いと、割れてしまうという難点もあります。

その点、コンフォート義歯はポリアミド系のナイロン樹脂を使用しているので、軽くて耐久性に優れています。審美的な観点からも、外からは金属の針金が見えませんので、一見して入れ歯だとは気づきにくく、初めて入れ歯を入れられる方、女性の方にも人気があります。

コンフォート義歯のデメリットとしては、製作に多少時間がかる(2週間程度)、修理の際はその場で直せないケースもあり、お預かりになることなどでしょう。

あい歯科医院

あい歯科では、ブリッジがダメになってしまい相談に来られ、義歯やインプラントの治療になる方が多くいらっしゃいます。そういったこともあり、実はブリッジの治療はあまりお勧めしておりません。

ブリッジ治療は、隣接する歯で抜けた部分の力を分担することになります。特に奥歯の場合は大きな力が加わりますので、長持ちさせる治療としては難があるわけです。

その他、清掃性が悪いこと、素材によっては割れやすいことのリスクがあります。少し専門的なことになってしまいますが、実は歯は1本1本単独の動きをしています。ブリッジで連結されることで、微妙な力がかかり続け悪影響を及ぼすことも注意が必要です。

そのような観点から、患者様とよく相談した上で、その方にあった最善の治療を提案させて頂くのが当院で大切にしていることです。歯科医師以外にも「トリートメントコーディネイター」という、相談員を配置していますので、お気軽に何なりとお尋ねください。

入れ歯治療前

入れ歯治療前

入れ歯治療前

入れ歯治療後

入れ歯治療後

入れ歯治療後

年齢・性別 60代女性
治療期間 1ヵ月(2回)
治療箇所 右下7 ソケット/左上67 ソケット
治療費(税込) コンフォートデンチャー 約107,000円
副作用とリスク 強い衝撃で義歯が欠けたり変形する可能性があります。

入れ歯治療ページ>>

トップへ戻る